男性のコンプレックスとは

 

現在、日本の男性の多くが抱えているコンプレックスとは一体どんなものでしょうか。人間であれば誰しもひとつかふたつは自分のなかに何かコンプレックスを抱き、自信が持てないとマイナスに考えてしまうことは決して珍しいことではありません。あるデータによると、現代の日本男性は見た目に対するコンプレックスを抱いている傾向が強いようです。見た目が人によってバラバラなのは当然のことですし、一概にどのスタイルがいいというのはいえるものではありませんが、何故男性が自分の見た目に自信がもてないのかというと、それはかねてからいわれている女性が抱く理想の男性像が大きく関わっているのではないでしょうか。

日本女性は昭和の高度経済成長期からどんどん社会進出し、今や自分の力で生きていけるくらいの社会的地位と財力を持っている人がたくさんいます。そんな女性たちは交際あるいは結婚する相手に対して高い理想を求める傾向にあったようで、バブル期は「高学歴・高収入・高身長=3K」を兼ね備えた男性が好まれるという時代でした。今は当時ほどそのようなことを声高にいっている女性は多くはないと思いますが、かつての「3K」男性像は多くの男性の心に知らぬ間にコンプレックスを抱かせてしまったのかもしれません。見た目でいうならば低身長・肥満体型・薄毛などの条件に引っかかると、やや劣等感があるようです。収入が低いことについては、自分の努力次第で転職などを経て打開できるチャンスがあります。しかし、見た目への劣等感は生まれながらの遺伝によるものも大きく、どうせダメだと諦めてしまう人も多いようです。

<関連サイト>
身体的な男性のコンプレックスとして根強い包茎の手術を専門に行っているクリニックのサイトです ---> 包茎の手術